• TOP
  • 製品ラインナップ
  • プリントの種類
  • デザインについて
  • データ入稿方法
  • ご注文の流れ
  • お支払いについて

タオルソムリエブログ タオルソムリエのちょっといいはなし

タオルソムリエブログ

記事一覧

こんにちは!今一番ほしいものは額!!の青井です。

最近おしゃれ手ぬぐいを頂いたので、部屋に飾ろうと思っております!

 

そんな手ぬぐいの魅力に開眼した私は、社内パトロールへ。
手ぬぐいのサンプルを見ていたら、カワイイものがたくさんありましたので3点ご紹介を。

 

まずは、迫力のお肉万歳柄。(柄名は私が勝手に命名)

 

 

手ぬぐいに、この肉・肉・肉・・・
意外に思える柄ですが、なんだか合ってます。

よくよく見ると、誰かにかじられたあとが1個じゃなく2個あるのが面白いですね。

 

さて、お次はシンプルながら迫力あるこちら!

 

 

『ほ』という文字が、笑っているみたいなゴキゲンな柄!
お祭り用で使用する手ぬぐい用にご注文いただきました!

 
 

続きましては、昔っぽい柄が素敵なこちら!

 

 

味わいありますねー
細かい所まできれいに表現できていて、じーっと見たくなる柄です。

 
 
 

さて、この3点を見て何かに気づいた方はいらっしゃいますでしょうか?

 
 
 

そう!手ぬぐいの左右両端を見ると切りっぱなし(・∀・)
でも、これは不良品ではないんです。

 
もともと手ぬぐいは、汗や水をふいたり、日よけとして頭に巻いたり、入浴時に体を洗うための布でした。(ちなみに洗面所にかけておくフェイスタオルと同じサイズです。)

 

使用後にすぐ乾いて清潔に保てるように考えて、端を折り曲げて縫製せず、切りっぱなしにしているんだそうです。

 

他にも、昔はケガをしたときの包帯や、壊れた鼻緒などとして代用できるよう
すぐ裂けるように、両端をあえて縫製していないのだとか。

 

糸がどんどんほつれたりしてしまうのが心配なところですが、
ある程度洗濯していると生地端から1cm程度でほつれが止まります。

 

ハンカチやタオル代わりとしての手ぬぐいだけでなく、最近ではギフト包装紙がわりに使われるなど新しい手ぬぐいの活用法が見受けられます。また、かさばらないノベルティとしても人気です。

 

というわけで、ちょっと長めの文章になりましたが
日本の元祖タオル的存在(?)の手ぬぐいのご紹介でしたヾ(´▽`)

 

ラブ・ラボの手ぬぐい詳細はこちらから!

 

Posted by akiko at 5:52 PM | タオル辞典

最近夜になると、秋の匂いが少しずつ増しているように感じる青井です(´ω`)
今年の夏期休暇はお昼寝ざんまいだったことを思い出しながら、夏の終わりを寂しく感じました。

 

さてそんな8月のプリント種類別人気ナンバー1!
それは『毛違いジャガードタオル』です。

 

2色の糸色で織りを表現する毛違いジャガードタオルは
高級感があり、 プリントよりも耐久性があります。

 

 

表と裏が反転した仕上がりになり、どちらが見えてもかっこいいです。
反対色を選んだほうが柄が明確に出るのでおすすめです。

 

またこちらの毛違いジャガードタオル、ラメ入りにすることもできるんですヾ(´▽`)
このゴージャスな輝き、いかがですか?

 

 

ラメは、【ゴールド】・【シルバー】・【ピンク】の3色からお選びいただけます。
ピンクのアップ画像はこちら!

 

 

このキラキラ感、目を引くことまちがいなし!
部活用、チーム応援用にいかがでしょうか?

 

ただいま工場が大変こみ合っておりまして、ご注文後約1ヶ月程にてお届けしております。
秋の学園祭、部活応援に使いたい方なるべく早めにお申込みくださいね( ´ ▽ ` )

Posted by akiko at 4:28 PM | タオル辞典

タオル辞典 その壱

2013年4月2日

今日は東京オフィスの太田選手のお誕生日!26歳になったもよう。
15時のおやつはオフィスのみんなでケーキをいただく予定の青井です。

 

このタオルソムリエブログのカテゴリー一覧を見ていたら、

『タオル辞典』なるものがありました。

 

ところが誰もこのカテゴリーを使っていない!

タオルソムリエたるもの、たまには辞典的な役割を果たさないと!ということで

今年タオルソムリエ試験を受ける方にもお役に立てそうな情報を。

 

 

■タオルの語源■

スペイン語のトアーリャ(Toalla)または、フランス語のティレール(Tirer)からきた言葉といわれ、
もともと湿気を拭き取る布を総称した言葉になります。

 

今は、布面にパイルをもつテリー織りをタオルという言葉で表すのが一般的です。

 

 

■タオルの成り立ち■
1850年にトルコを旅行した英国人ヘンリー・クリスティー卿が
ハーレムで手工芸品として作られていたタオルの原型を手に入れたことが始まりです。

 

そのループ状の織物の良さと可能性を認めてイギリスに帰り
工業化を進めるようにサミュエル・ホルトに相談しました。

 

サミュエル・ホルトもこれに大変な興味を覚え、手織り織機ですぐに試織を始め
やがて工業化され「ターキッシュタオル」と名付けられ、またたく間に広がりました。

 

その後サミュエル・ホルトは、アメリカに渡りタオル会社を設立したそうです。
商売上手!

 

 

■日本にタオルが入ってきたのはいつ?■
日本にタオルが入ってきたのは、明治5年!

 

当時のタオルは高級品で、その柔らかさと優れた保温性や通気性があることから、
ほとんど襟巻き(マフラー)として用いられていました。

 

このタオルは、幅45cm長さ160~190cm位であったと記録されています。
かなり長いサイズ、首に巻いたら暖かかったでしょうね(´ω`)

 

日本では、1880年(明治13年)頃からタオル作りの工夫を始め、
1887年(明治20年)頃からホルトに30年遅れて本格的なタオル生産が盛んになりました。

 

===========================

 

またタオル辞典いつか更新いたします。

 

 

さ、お待ちかねの青井家の球根日誌です。

 

 

 

 

もう少ししたら、咲きそうです、たのしみー ヾ(´▽`)

Posted by akiko at 3:02 PM | タオル辞典

赤、青、白の意味

2012年11月30日

こんにちは!資格取得なんて自動車運転免許以来!!
どきどきしながら試験を受け、めでたくタオルソムリエになった青井です。

 

今日は今治タオルの証!!
ロゴマークについてのお話を。

 

ここ数年で、あちこちの雑貨屋さん・百貨店さんなどで今治タオルのロゴマークをみかけるようになりました。
こちらのロゴは、今治タオル独自の品質基準をクリアした最高のタオルに与えられる由緒正しきロゴです。

 

このデザイン、佐藤可士和さんがディレクションしたことでもはや有名となりましたが、
この今治タオルロゴの意味はご存知でしょうか?

 

ロゴマークは、白を背景に赤と青のモチーフで太陽と海をかたどったシンプルなデザイン。

 

赤は産地の活力
青はタオル生産時に使われる豊かな水
白はタオルのやさしさや清潔感

 

をイメージされたそうです。

 

国旗でもよく見かけるトリコロールカラーがこんなに日本ぽくなるのもデザインの妙ですね。
小さめに入るタグも可愛いですが、このマークが入った箱もとてもさわやか!
ギフトにもぴったりなのでした。

 

ラブ・ラボのソムリエ一押し今治タオルはこちらからご覧いただけます。

 

 

 

Posted by akiko at 6:00 PM | タオル辞典