7万名以上のお客様からご支持頂いています。オリジナルタオル作成・制作のラブラボタオル

タオルラボオリジナルタオルの作り方、いいタオルの選び方など、タオルについての豆知識を紹介しています。

喜ばれやすい!手ぬぐいがノベルティに適している理由

ラブラボタオル編集部
9_9_1_26320479
企業の販促品や記念品として、取引先や顧客に企業オリジナルのノベルティを配布することがあります。ノベルティを作成する際は専門店などでさまざまな商品を見て検討することになりますが、企業ロゴや社名を大きく宣伝したいならタオルや手ぬぐいが適しています。なかでも、発色の良さとコストパフォーマンスの点から見れば「手ぬぐい」を検討してみることをおすすめします。ここでは、効果的な宣伝と集客が期待できる自由度の高いオリジナルデザインの手ぬぐいを紹介します。

選ぶ時のポイントは?ノベルティの役割

ノベルティとは、企業が取引先や顧客または一般消費者を対象として、自社や商品の宣伝を目的として無料で配布する記念品を指します。ノベルティグッズと呼ばれることもあり、商品購入の際にもらえる粗品などとは異なります。よくあるノベルティは、年末年始に配る社名入りのカレンダーやタオルなどでしょう。ボールペンやクリアファイルなどもあります。
ノベルティは、あまり世間で見かけないアイテムや他とは一線を画したおしゃれなチョイスだと、会社のイメージアップにもつながります。展示会やイベント会場などでは、ノベルティを目当てに来場するコレクターの集客にも効果的ですし、プレミアム感のあるコレクターズアイテムとして人気に火がつくこともあります。企業ロゴやマスコットキャラクターなどが多くの人目に触れれば、それだけ世間の認知度が向上します。
そのため、ノベルティを選ぶ際には予算に応じたものが優先されますが、そのなかでもより訴求力のあるアイテムを選ぶことが大切です。一度使っただけで捨てられるようなものでは意味がありません。なるべく便利なもの、人前でも喜んで使ってもらえるもの、いくらあっても困らないものなどが選ぶときのポイントです。

タオルとは違う?手ぬぐいの特徴とは

いくらあっても困らない、便利に長く使えるものの代表がタオルでしょう。白地に社名が入った薄手のタオルは、どこの家庭にも何枚かストックされているかもしれません。カラー地に社名が入っている少し厚手のタオルも見かけます。ただし、社名入りタオルは自宅内で使われることが多いものです。タオルはどの家庭にも必需品であり何枚あっても困るものではないため、昔から無難なノベルティとして使われてきました。しかし、タオルに変わる人気商品として日本手ぬぐいも注目されています。手ぬぐいはお祭りなどで、はっぴ姿の人がねじって頭に巻いているシーンを思い出す人もいるでしょう。日本伝統の柄で古くから伝わる和のイメージがありますが、最近はカラフルな現代風の柄や芸術的な絵やイラストなどさまざまな手ぬぐいを見かけます。手ぬぐいを作品として楽しむための額縁も販売されているほどです。
手ぬぐいはタオルよりも小ぶりで、畳むと薄く小さくなり携帯するのに便利です。そのため、江戸時代の人々はハンカチ代わりやストール・マフラー代わりなど、さまざまな用途で使うために持ち歩いていました。ほかにも、三角巾や包帯代わり、肌着、髪結いや化粧時のケープ、浴用タオル、布巾、風呂敷など、アイデア次第で多様な使い方ができる優れものとしてなくてはならないものでした。こんなオールマイティな実用品が天然繊維の晒し木綿でできていることも高ポイントでしょう。乾いたままでも濡らしても人の肌に負担なく、使い込むほどに生地が柔らかくなじむようになります。肌が弱く柔らかい新生児の肌着やおむつにも使われる素材です。一度利用してみると使い勝手のよいアイデア商品として注目されるのも頷けるでしょう。

こんな時は手ぬぐいを選ぶと良いかも!

印刷技術の進歩により、さまざまなプリントの手ぬぐいをよく見かけるようになりました。インターネットで検索しただけでも、キャラクターやカラフルな模様、昔ながらの藍染めや豆絞り、ボタニカル柄や幾何学模様、浮世絵やタータンチェックなど、素敵な作品がこれでもかと並び見ていても飽きません。というのも、日本手ぬぐいは薄地で織りが細かく整っている晒し木綿を使っているからです。素材が白地でキメ細かいためプリントするのにピッタリですし、どんな色柄でもプリントが映えるのです。
ノベルティとして社名やロゴを全面に入れるのにも適していますし、オリジナルデザインで目立たせて布端に社名を入れるのもよいでしょう。「一球入魂」「One for all, All for one」などの文字を入れて、応援グッズとして使っている例もあります。1枚あたりの単価も安いため、企業のノベルティや記念品としてもインパクト大でしょう。低コストで大量に発注するなら手ぬぐいはおすすめです。タオルよりも用途の幅が広いため、贈られたほうも得した気持ちになれるでしょう。

手ぬぐいを選べば温もりを感じられるノベルティに!

天然繊維でタオルのように毛羽立たず、洗ってもすぐに乾く手ぬぐいは使ってみるとその便利さを実感するでしょう。薄手なのに吸水性があり、携帯するにも邪魔にならない、お弁当を包んだりランチョンマットにしたりできるなど、工夫次第で何にでも使えるため常に携帯しておきたいアイテムです。手の小さな握力の弱い女性でも、濡らしたあとしっかりと絞ることができます。使えば使うほどに柔らかく肌なじみがよくなるため、温もりを感じられる謝礼品としてノベルティに最適です。凹凸のあるタオル地よりもハッキリとロゴや文字などがきれいにプリントできるため、社名や商品を宣伝するにも手ぬぐいはピッタリのアイテムです。

オリジナル手ぬぐいの商品詳細・自動見積りはこちらからご覧いただけます。

The following two tabs change content below.

ラブラボタオル編集部

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます(関連記事)

応援や観戦に人気のオリジナルタオルは一体感が出るマフラータイプ!

幅広い用途で使える!万能なフェイスタオル

効果的な展示会にするには?集客力アップに力強いノベルティ

フェイスタオルの寿命はいつ?寿命を延ばすお手入れ方法

オリジナルタオルをもらう時ってどんな時?

アイデアをデザインに!ノベルティならオリジナルタオルがおすすめ

オリジナルタオル作成に関するお見積もり・お問い合わせはこちら

オリジナルタオル・プリントタオル・タオル作成に関する
お見積もり・お問い合わせはこちらから

まずは、お気軽にご相談ください!

●オリジナルタオルを作成したいけど、なにから始めればいいかわからない

●たくさんあるタオルの中から、どれを選べばいいか迷っている

●オリジナルデザインについて、相談したい など

ラブラボはオリジナルタオル・プリントタオル制作に関する様々なご相談にお応えします。
ご来社してのご相談も可能です。

お電話でのお問合せ

0120-027-296

受付 10:00~18:30/月~土(土曜不定休)

オリジナルタオル作成のラブラボタオル東京渋谷オフィス

ラブラボ 東京渋谷オフィス
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2−19−19 ワコー宮益坂ビル3F【→MAP
TEL03-6450-5353 / FAX03-6450-5484
営業時間10:00~18:30 / 定休日(土)・日・祝

お気軽にご来社ください!
ウェア・グッズ等サンプル豊富!
商品の質感・サイズ確認のみでも大歓迎!!

ご来社の際は、事前にお電話か問い合わせフォームよりご連絡下さい。

営業日カレンダー
読み込み中...
読み込み中...

は休業日